BO(バイナリーオプション)とは

POINT 1「バイナリー」=「二者択一」

円安(High?)|円高(Low?) 「バイナリー(binary)」とは、「二進法」の意味です。つまり「0」か「1」かの二者択一。その意味のとおり、ある条件を「満たす」か「満たさない」かが投資対象となります。 具体的には、2つの条件のうち、どちらかが満たされると利益が払い戻される「チケット」を購入します。為替のバイナリーオプションでは、円安になると利益を得られるチケットか、円高になると利益が得られるチケットのいずれかを購入し、結果が予測どおりになれば、利益が払い戻されるという仕組みです。

POINT 2 短時間で結果が判明

バイナリーオプションの取引は、①「取引開始」、②チケット購入が始まる「購入開始」、③購入が終了する「購入終了」、④取引結果が決定する「判定時間」、⑤条件達成で払い戻しが行われる「支払時刻」の順に進みます。②~③のチケット購入可能時間や、③~④の判定までの時間は取引会社によって異なります。お客様の投資スタイルにあったタイプのバイナリーオプションをお取引ください。

POINT 3 少額から投資可能

投資の対象となる金融商品は、株式や債券、FXなど、種類が非常に豊富です。その中でバイナリーオプションは他の金融商品より比較的少ない資金から取引が可能です。
取引会社ごとに細かい条件は異なりますが、たとえば「みんなのバイナリー」ではバイナリーオプションを1Lot取引するのに必要な最低取引金額は50円~990円です。

POINT 4「動かない相場」でもリターンが狙える

株式やFXなどの投資では、値動きの幅が損益の大きさに直結します。たとえば、FXでは10銭動いたときよりも1円動いたときのほうが利益も損失も大きくなります。逆に値動きがあまりない場合、損益の幅は小さくなります。ところが、バイナリーオプションなら、たとえわずかな値動きであっても、「円高」か「円安」になるだけで利益が確定され、リターンも狙えます。条件がクリアされていれば、1Lotあたりのペイアウト額は一定のため値動きの幅によって払い戻しが少なくなることはありません。また、ペイアウトされない場合の損失は支払った購入金額となります。

POINT 5 予測が外れた場合の損失額=チケット購入金額

バイナリーオプションでは、予測が外れた場合、チケット購入金額が損失となります。この場合、失うのはチケット購入のために支払った金額のみで、相場が予測に反して大きく動いた結果、購入した金額以上の損失を被ってしまうということはありません。1回あたりの投資における最大の損失は、その購入金額に限定されています。
また、予測通りに相場が動いた場合はチケット購入金額とペイアウト金額の差額が利益となります。

予測が外れた場合の損失額=チケット購入額

POINT 6 チケットはチケット購入可能時間終了まで売却が可能

購入したチケットは途中で売却することも可能です。相場が予想通りに動き、利益を確定させたい場合や相場が予測に反して動き、損失を早めに確定させたい場合に売却をすることでその時の相場に合わせた対応が可能です。一度購入したチケットは判定時間まで必ずしも保有する必要はありません。

※チケットとはオプションと同意義です。